天蛙の小池

AMAGAERUのブログです。時々ですが、趣味で作ったMHネタの設定やオリジナル作品の設定も掲載したりしてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

魔法・魔術などについて

どうも、また更新が遅れだしているです^^;
 やっぱり、5日に1回ぐらいのペースの方が気が楽ですかねぇ~;w
 正直、どの設定を上げていくべきなのか 普通に、混乱しています。

さてと、更新のぺースはともかく 今回の記事も小説設定の続きですね。
本当は、グッピーカエルの記事を書きたかったんですが・・・
  載せられそうな画像が撮れなくて、諦めました orz
  ちなみに、グッピーの赤ちゃんは スクスクと育ってますよ^^

・・・余談が長いかな^^;

では、小説設定に入りましょ~
 今回は、”魔法・魔術”の分類と”能力”との違いについてです。
 種族の設定を載せようと思ったところ、この辺りの説明を
 先に載せた方が分かりやすそうだったので、変更しました^^;

さてと、恒例ですが 設定関係のカテゴリに、お願いや諸注意が記載されてますので、
必ず読んでからコメントするようにしてください。
また、あくまでこの設定は、オリジナルであり 引用して作った訳ではない事を
理解した上で、読んでいただけると幸いです。

続きを読む
スポンサーサイト
・小説設定 | コメント:0 | トラックバック:0 |

魔物と魔族について

どうも、設定を載せていく順番に悩まされているです。
 この記事を書き始めるまで、ずっと読み返してたんですが・・・
  思いついて、書き残したタイプのモノが多すぎました;w

何というのか、設定と言うよりは、ソレを作る際の要望に近いですね^^;
 まるで、新しく作ったカテゴリのお仕事をやっているみたいですw

さてと、余談はこの辺にして

今回は、この世界に登場する”魔族””魔物”についての概要を載せようと思います。
 簡単に言えば、この2つの分類の仕方についてですね。
 前回と同じ、説明だけの設定なので、つまらない方も多いかもしれません^^;
 でも、この辺を載せないと、内容が分からなくなっていきますので、ご理解下さい。

さて、いつも通り設定関係のカテゴリに、お願いや諸注意が記載されてますので、
必ず読んでからコメントするようにしてくださいね。
また、あくまでオリジナルの設定であり なにかを引用して作った訳ではない事を
理解した上で、読んでいただけると幸いです。

続きを読む
・小説設定 | コメント:0 | トラックバック:0 |

生まれました~♪

どうも、最近鼻の調子が悪いです^^;
 手足が冷たいのは、元々なので良いんですが・・・ 呼吸がしづらくて、困っちゃいます;w

さてと、久しぶりに更新するこのコーナー  皆さん、憶えてますか?
 ・・・ここでは、私が飼育している生き物に関する記事を上げています^^;

さてはて、今回書くのは・・・ 生き物の追加とグッピーの誕生報告ですねw

まずは、追加された魚ですが、これはゼブラダニオという魚のMIX×5匹ですねぇ
ちょっと、写真を撮らせてくれないので、画像は載せてませんが・・・
 とってもポピュラーなお魚なので、ネットで検索をすれば、簡単に見られるはずです^^
 ちなみに、MIXというのは 色んな品種が混ざっている状態の事を言いますねぇ
  例えば、交配による雑種だったり、何種類も混ぜて売ってるとか・・・

まっまぁ、この辺についてはそんなに気にする事では無いんですけどねw
 ただ、本元の色が良いという人は、MIXではないモノを買う必要がありますね。

さて、同じく追加した個体なんですが・・・ これは、以前にも書いたホワイトラムズホーンですね。
 えっと、名前はコレであってるのかな?w(ウォイ

とりあえず、水槽に1匹しかいなかったので ゼブラのついでに、2匹買ってみましたw

さてと・・・ 追加の報告はここまですね。
以下は、うちのグッピーの赤ちゃんに関する話になるので、興味のある方だけご覧下さい^^

実は、私が熱帯魚屋さんへ買い物に行ったのは、産卵飼育ケースを買うためだったんですw
今まで、グッピーは出産する頃に、別水槽へ隔離していたんですが・・・
 正直、手間が掛かる上に、親に食べられてしまう事も多かったんですよねぇ^^;

てな訳で、今年も「そろそろかなぁ~?」と感じたので、ケースを買ってきました。
 ちなみに・・・ 上の魚たちは 完全に余計な買い物ですね;w (お金が;)

・・・グッピー? 出産?  という方はおられますか^^;

念のため、グッピー自体も簡単に説明しましょう^^
 グッピーは、卵胎生メダカと呼ばれる 極端な言い方をすれば、綺麗カダヤシです。
 この仲間は、卵を産まずに、お腹の中で育てて幼魚 簡単に言えば、赤ちゃんなんですけど
 そこまで、育ててから出産という形で、体外へ出します。
 この方法は、卵を食べられるのを防ぎ、出来るだけ子孫を残すという一種の戦略ですね。

そして、赤ちゃんの状態で生まれるんですが… やはり小さいので、他の魚に食べられたり
水槽が狭かったり、隠れ場がないと 親に餌だと間違われてしまうこともあります;
 ですので、お店では生まれた赤ちゃんと親とを分けられるケースを売っているんですね。

さて・・・ こんな所でご理解いただけたでしょうか^^;

さてはて、それらのことから 今年は、ちゃんとケースを買ってきたんですが…
移した その日に出産し出しました!?w

タブン、もうすでに出産行動は始まってたんでしょうねぇ^^;
 ずっと、「呼吸が荒いなぁ~」って・・・ 気付かない自分って何;w
 そんな風ですが、一応 ケースの様子を載せてみますね^^
ケースセット時
 見づらい; もう、皆さん この見づらさには慣れましたか^^;

中央の上方に設置されている物体がケースですw
 携帯が古いので、これ以上の画質で撮るのは無理でした^^;

そして、その中にいるのは、こんなのです
グッピーのお母さん
 ケース外の余計な連中まで映ってますねぇ まぁ、気にしない気にしないw

うちのグッピーは、全てMIXで売っていた安物達です。
 でも、写真の右下にいる派手なのは、赤尾鰭ちゃんから生まれた子ですよw
 ちなみに、青尾鰭ちゃんの方は、友人からもらったMIX個体の3代目ですね。
 どうも、友人のグッピーは 青色の遺伝子が強かったようで、青色ばかり増えたそうです。

さてと、タブンですが 出産し出したのは、青尾鰭ちゃんだと思います。
 ずっと、呼吸が荒かった上に、移してから あっという間にお腹が引っ込みましたから;w
  あ、ちなみに 今は呼吸数も安全値に戻りましたよ^^

そして、生まれた子達はと言うとこんな感じ?
25匹の赤子
 画像が荒すぎて何だか・・・  ごっゴミや餌ではないですよ!;

ん~、なんだかよく分からない画像ですが、一応これらが赤ちゃんです。
 生まれたばかりは、まだ未熟で しばらくはグッピーらしくはないですね。
 画質が良ければ、成長の過程を記事にしたかったんですが・・・
  とりあえずは、保留ですね^^;

 ちなみに、与えている餌は 普通の餌を砕いたモノだったり、
 ケースが上下で区分けされているので、上にいる親がコボした食べかすが、
 ちょうど良い大きさになって下の幼魚の元へ運ばれてたりしますw

 凝ってる人は、稚魚や仔魚用の生き餌を培養したりしますが、
 私の場合は、自分の水槽に適応できる強い子が出来れば、
 良いという考えでいるので、全然凝っていませんw

自分の水槽に適応・・・
 前の記事では説明していなかった事柄ですねぇ。
 一応、この期に説明しておきましょうか^^

水槽というのは、その管理者の癖が反映されるモノです。
大体の場合は、不慣れなのが原因で魚を死なせてしまったりしますが、
ある程度、飼育になれた人でも それぞれの人に個性があるように
水槽にも 気付かない範囲で個性が生まれていたりします。

例えば、知り合いが育てやすい という魚を買ったとします。
大体の場合は、飼育方法の理解が不十分で、死なる方が多いですが、
慣れていて、しっかり調べた人でも
 「話と違って飼育しづらい」「何かが違う」
 と、感じられた事があるかもしれません。

まぁ、簡単に言えば、これが その人の飼育時での個性です。
 そして、水槽内のバクテリアの種類や量、水質そのものに至るまで、
 最終的には、その人の個性によって異なっていきます。

そうですねぇ・・・
 例えば、友人が育てた魚をもらって飼育をする事になったとしましょう。
 ところが、水質に慣れた後でも、友人宅よりも育ちが良くない場合があります。
 全く、同じ育て方をしてるのに… 
  この原因の1つが 個性なんです^^

人のよっては 「その人の飼育スタイルが違うだけ」 と言われる事もありますが、
 人には、得意不得意があるように、飼育できる個体でも同じなのです。
 故に、飼育スタイル という言い方は、私はあまり好きではありません^^;
  確かに、その人には不向きな個体もいるでしょうが、それに対して
  ただ「無理だ」と言われるよりも、「こういった理由だから難しいよ」とか、
  飼育方法を予め調べるように薦める方が正しい指導だと思っています。
   それこそ、一生懸命調べて買おうとしてる人に対して、
   「お前の飼育スタイルじゃ無理だ」なんて言うのは、
   あまりにも身勝手な行為ですからね^^;

その人が、飼いたい 育てたい と思い、一生懸命勉強して、飼育する。
 それが一番良い方法ですし、何よりも良い勉強になります。

そして、魚自体も、その環境に適応するために、少しづつですが変化していきます。
生まれてくる個体なんて、それこそ その水槽に適した体質へと変化したりもします。
 まぁ、もちろん 変化するといっても そこは微妙な範囲なんですけどねw

とりあえず、飼育が不慣れな人は ともかく、水槽の維持が普通に出来る人において
「育つスピードが他とは違う」事もあれば、「自分の所だけやたらと色が良すぎて不気味;」
なんて事が起こるのは、その人の個性であり”自分の水槽”だから起こる事なのです^^

ただし・・・
 いくら、慣れてる人だとは言っても 何も調べずに、しかも無計画に買ってくる人には
 私だって、さすがに”貴方の飼育スタイルには合ってない”と言いますよ^^;
 果敢にも挑戦する人には、何も言いませんが 何も調べずに・・・
 何よりも、その個体の事を全く知らずに買うのは です。

大げさだと思われる方もいられるかもしれませんが、最近見られる外来生物の大半は、
飼育しきれずに逃がした個体が繁殖してしまったモノです。
特にカダヤシなんかは、今では飼育も禁止にはなりましたが・・・
 それまでは、”増えすぎたら川へ流す”というのが当たり前に行われていました。
 一部の雷魚ブラックバス関連でも、元々は飼育個体だったケースもあります。

故に、生き物を飼う際には 下調べをする事が”常識”と理解していただきたいですし、
飼うと決めても、まずは定員さんとしっかり話をしてから 買う事をお勧めします。

以上で、この記事はお終いですw
 最後まで、読んでくださった方々 本当にありがとうございます(^_^)


<よ~だん余談♪>
 ・・・なんだか、注意事項になっちゃいましたね;w

 そうそう、すでに打ってはいますが このカテゴリでは、生き物の質問を受け付けてます。
 カテゴリごとに、受け付けている質問は、異なってはいますが・・・

 とりあえず、気になった事や聞きたい事があったら、遠慮無くコメント欄に書いてください^^
  もちろん、要望も出来る範囲で、引き受けますので 気楽に声を掛けてくださいw

あっ あと、全てのカテゴリにおいて 記事の評価も受け付けています^^;
 簡単に言えば、読んでくださった方の意見を聞きたいのです。
 実際、書いてて 役に立って無いようなら載せる意味がないですしね;w

このブログを一人前に仕上げるには、やはり見てくださった方々の意見を
 聞いて作っていかないと、正直無理ですw

 これからも、皆様が暖かい目で見続けられるブログにするためにも、
 皆様のご協力をよろしくお願い申し上げます<(_ _)>

ブログ管理者 AMAGAERU

・我が家? | コメント:0 | トラックバック:0 |

ご依頼コーナーについて

この記事は、”ご依頼コーナー”に関しての事柄が書かれています。

<このカテゴリの方針について>
・このカテゴリは、皆様から絵や小説設定ついての依頼や質問?を募集していき、
 出来るだけ、要望にあった設定を考えて、作成したモノをアップするというモノです。
 元々、友人の絵や小説の設定作りを手伝ったりしていた事があったので、
 このブログ内でも、そうした事が出来ないかなぁ と思ったのが、発端です。
 ちょっとネタに困った と言う時にでも、ご利用いただけたら幸いです^^

さて この企画を行っていく上で、以下のお願いがあります。

<?説明?>
1,ご依頼の方法
  ・依頼方法は、”ご依頼コーナー”にある記事のコメント欄
   ご依頼の内容を書いて投稿していただければ結構です。
   また、設定作りの関係で質問がしたい場合にも、同じ方法で
   コメント欄へ書いていただければ問題ありません。

2,承諾・辞退の連絡について
  ・まず、コメントの内容を確認した上で 引き受ける場合には同コメント欄”承諾コメント”
   お断りする場合には”辞退コメント”というモノを投稿させていただきます。
   なお、承諾コメントには 設定を作るに当たっての情報の提示や細かな質問などが
   書かれている場合もございますので、必ず目を通すようにしてください。

3,設定・絵の投稿方法
  ・残念ながら、現状では 当ブログに、これらの投稿手段がありません。
   ですので、絵や物語の設定を依頼される場合には、自身がお持ちのサイトや、
   予め許可を得ているサイトへ上げていただき、そのサイトのアドレスを
   コメントへ載せていただく形になります。
   投稿できるサイトがない場合については、こちらがサイトの管理者から
   許可を頂いてアップできる場所を確保する場合もございます。
   また、”非公開コメント”に設定したコメントに、メールアドレスを貼っていただければ
   絵や設定のデータや、要望に関するやり取りも可能となります。
   ただし、アドレスの交換は あまり本意ではありませんので、原則としては
   何らかの形で、ネット上へアップしていただく形をとらせていただいてます。

4,設定の作成について
  ・作成には、基本的にコメントに書かれた要望・情報を元に仕上げていきます。
   ただ、やはり 要望にできるだけ近づけるためにも、何らかの形で内容の確認
   をしたり、チャットを利用しての情報交換および、イメージの相違がない様に
   互いの考えを確認しあえる形をとりたいと考えております。
   なお、チャットこのブログには搭載しておりませんので、ご依頼者の方自身が
   場所や時間を指定していただくか、こちらが許可を得たサイトのチャット
   利用させていただく事になると思いますので、予めご了承下さい。

5,完成した設定について
  ・設定は、要望にそったモノになるように作成していきますが、
   レベル的な問題や、捉え方の違いなどで全ての要望に
   応えられない場合が大いにあります。
   その為、アップした設定は、あくまでも 「こういう設定はどうでしょう?」
   という、1つの提案として見ていただけると幸いです。
   また、要望が無かったり、意見交換が上手く行かなかった場合、
   完成した設定が 私好みの作りになってしまう場合があります。
   つまりは、私が作った設定と同じ作風になってしまいますので、
   この事についても、予めご了承ください。

6,カテゴリにアップする目的
  ・この行為は、依頼者の方 そして、他の皆様からの意見を聞いて
   より良い設定へ”育てていく”事を目的にしております
   つまりは、アップして終了と言う事では無いのです。
   やはり、私個人が満足出来るモノでも、皆さんが好きになれなかったり、 
   なによりも、依頼された方が満足出来ない設定では意味がありません。
   その為、あくまで”試作品”としてアップして、その後の指摘を受けて
   訂正していく事で、初めて完成という形になります。
   なお、指摘や提案につきましては、依頼者と検討する形をとりますので、
   全ての指摘・提案が盛り込まれる訳では無い事を、ご理解下さい。

7,辞退について
  ・基本的に、依頼や質問には 出来る限りお応え出来るようにいたしますが、
   どうしても、無理な設定も存在しますし、お応えできない質問もあります。
   これらについては、辞退コメントに その理由を明記いたしますので、
   そちらを読んでいただきたいと思っております。

<禁止事項>
1,方針にそぐわない依頼について
  ・当ブログでは、ブログのイメージを著しく害する内容の設定の依頼や
   それに準ずる質問等は、お断りしております。
   もちろん、全てが全てそういうモノでは無いかもしれませんが、
   気分を害する可能性が非常に高い内容の設定や、質問は
   承諾しかねますので、ご理解下さい。

2,批判コメントについて
   ・アップした設定に対しての、ただ単に「下手」「つまらない」といったコメントは、
    設定の参考になりませんので、ご遠慮下さい。
    また、依頼者の考えを無視した指摘・提案や、大元の設定を否定するコメントも
    批判コメントと何ら変わりませんので、ご遠慮下さい。

3,設定への苦情について
  ・アップされた設定が、自身のイメージにそぐわなかった場合に対しての
   苦情は、一切受け付けておりません
   説明にもあるように、アップされた設定は、まだ試作段階ですし、
   元々、要望を全て取り入れて、作成できるのはです。
   ですので、「話が違う」「こんなのじゃない」といったとコメントを頂いても
   こちらとしては、どうする事も出来ません。
   何よりも、この事項につきましては すでに同記事内に記載されてますので、
   こうした苦情は ご依頼者自身の責任としか言いようがありません。
   ですので、依頼をされる場合には、必ず全部の文章に目を通してください

4,不正な引用・著作権の侵害等
   ・アップした記事を、「他へ載せたい、設定の一部を引用したい。」
    と思われた場合は、必ず、コメント欄の方へ使用許可願いを出して
    許可をもらった上で、使用するようにしてください。
    特に、このカテゴリの設定は、依頼者の作品でもありますので、
    使用したい場合は、双方の許可を得た上で 必ず載せる際には
    双方の名前なり引用先を載せるようにしてください。
    また、依頼者自身が使用する場合にも、必ず当ブログへ連絡下さい
    説明もなく、使用されるのは 依頼者であっても、困ります。
    著作権の問題は、甘いモノではない事をしっかりと理解した上で、
    必ず、正しい手順を踏んだ上で 使用するようにお願いします。
・設定関係 | コメント:0 | トラックバック:0 |

?新カテゴリ登場?

どうも、MH裏設定を・・・  新しいカテゴリを立ち上げたです;w
 新しい企画であるMH裏設定も進まないうちに、新しいカテゴリの作成・・・

べっべつに、諦めた訳じゃないですよw
 ただ、全然 MH裏設定が思いつかないだけです!(ダメじゃん
何はともあれ、今回は このカテゴリの説明をしたいと思います。

このカテゴリは、依頼された絵に設定付けを行い、アップをしていく為に立ち上げたモノです。
 簡単に言えば、絵を何らかの形で投稿してもらい それに設定を付けてみよ~・・・・

全然、説明になってませんね^^;
 ”設定関係”「設定を載せるにあたって」を読んでくださった方なら
お分かりかもしれませんが・・・
 私は、昔 友人が描いた絵に 人物であれば、その絵のイメージに合いそうな性格や武器etc
 モンスターや風景、舞台背景?なら、出来るだけバランスの良い設定を付けてました。 

まぁ、きっかけは
 「この絵のキャラに武器を持たせるなら何が良い?」
 といった、単純な話から始まったんですが・・・ 
  気付いた頃には、描いてきては、 設定頼む というノリになってしまったり
  「この絵の子達が登場する小説を書いてるんだけどw」
   と言う訳で(どういう訳だか)話を聞きつつ、その舞台設定を考える手伝いをしたりと・・・

何というのか、 編集長 みたいだと からかわれてましたね^^;
 とりあえず、こんな感じで絵の設定付けや 小説の設定作りの手伝いなどをしてました。

そうした事から、このブログを立ち上げる際に
 「設定付けの依頼も引き受けます」
 と書こうと思ってはいたんですが。 と言うか、書いたような気が・・・
 何処を探しても見つからないんですよね~w

タブン、落ち着いてから改めて書こう とでも思ったのでしょう。
 そして・・・  その事を忘れて てっきり上げてると思っている自分 orz

まぁ、MH裏設定依頼募集していたので、それと勘違いしていたのかもしれませんね^^;

と言うわけで、こうして改めて 記事として書いて、カテゴリも設けてみました。

 基本的な、方針はもうご理解いただけたでしょうか?

 1,設定を付けて欲しい絵を送ってもらい 作者の要望を踏まえて設定を仮組します。
 2,仮組後、作者の要望を網羅出来てると判断したところで、仕上げの編集作業。
 3,編集後、このカテゴリ内にアップする形で完成?

もちろん、小説の設定作り(の手伝い)の依頼も引き受けます。
 あくまで、私の出来る範囲ではありますが、お話を伺わせていただいた上で
 作者のイメージにあいそうな世界観や性格を作成して、ここにアップします。

言ってしまえば、その絵や小説に対して
 「こんな設定はいかがでしょうか?」
 といった感じで、私が勝手に考えた設定を上げていくという とってもヒドイ企画です;w

ヒドイ企画と書いておいて何ですが・・・
 ご依頼を頂く以上は その設定の作成には、本気で取り組ませていただきます。
 そして、出来る限り 依頼者の要望にお応えできる設定になるように頑張ります。

!ただし!
作成した設定は、私のレベルで描ける範囲のモノになってしまいます。
また、コレと言った要望がない場合は、現在、載せてる設定のスタイルになりますし、
その内容も、出来る限り ”現実的な設定” で製作する事になります。

この辺りについては、正直 私の力不足としか言いようがありませんが、
 それでも良いという方がいらっしゃったら、遠慮無く声を掛けてください^^

あっ また、この企画の注意事項は、再度文面を整えた上で、”設定関係”に載せます。
 もし、今回の内容で分からない事があった場合には、そちらの方をご覧いただけたら・・・
  もちろん、可能な限り 早めにアップしますよw
  
 また、「よく分からない。質問したいことがある。」という方がおられましたら
  コメントの方へ書き込んでいただけると幸いです。

  ブログは、更新はともかく 毎日見に来るようにはしてますので、
  そうそう、コメントへの返答が遅くなる事はないと思います。

とりあえずは、こんなところでしょうか?;
 このカテゴリのすすみ具合は、完全に訪問される方々に委ねられますw(オイ
  あと、依頼の内容によっては 保留にしたり、お断りする場合があります。
  早々、無いとは思いますが”考えの不一致”が必ずあると思います。
   故に、あまりにも案がまとまらない または、載せるには不適当な場合は、
   お断りする事もありますので、ご了承下さい。

・・・・そんな事言って、企画倒れじゃないのか?

 そんなことはないですよw
  と言いますか、お世話になっているサイトで、ちょっと絵に設定付けを開始したので
   少なからず、1つは上げられると思いますw

では、今日はこの辺で寝たいと思います^^;
 依頼なんて、そうそう来るモノでもないですが・・・  (オイ;
  届く当てのない手紙を待つのも面白そうなのでw  (ウォイ!

 こんな、ですが もしよろしかったら、気楽に依頼なり、コメントしてください(^_^)ノシ
・ご依頼コーナー | コメント:10 | トラックバック:0 |

各世界の概要

どうも、乾燥で喉がやられたです^^;
 やはり、寝るときでもマスクをしておかないダメですねぇ。
 もう、朝起きたら喉がイタイの何のって・・・ ケホケホ;

余談はこの辺にして・・・
 今回載せるのは、オリジナル設定の続きで”各世界の概要”ですね。
 前回の文章は、ある人物が日記に記した という書き方をしてましたが、
 今回のは、バリバリの説明タイプの設定です。
 正直、何のひねりもありませんし、文章の一部には、このシリーズ専用に作った
 用語も出てくるので、色々と分かりづらい部分があるかもしれません;

一応、読みやすいように編集はしてますが、どうにもこうにも^^;
 ですので、簡単な用語の説明を文章の最後に載せようと思いますw
 面白さを追求しモノではないので、その当たりについては
 ご理解いただけたら幸いです^^;

さて、いつも通り設定関係のカテゴリに、願いや諸注意が記載されてますので、
必ず読んでからコメントするようにしてくださいね。
また、あくまでオリジナルの設定であり なにかを引用して作った訳ではない事を
理解した上で、読んでいただけると幸いです。

続きを読む
・小説設定 | コメント:0 | トラックバック:0 |

レポート完成!(戯言8)

どうも~、疲れがどっと出ているです^^;
 やりました~ 完成しました~
 さきほど? レポートをホッチキスでとめて提出できる状態にしました^^

さすがに今日は、設定の更新までやる気力がないので、レポートの事を書こうと思います。
つまりは・・・ 完全な日常の話ですねぇ;w
 まぁ、これより下は 読みたい方だけ、ご覧下さい^^;

レポートが~; と打って、更新が止まってから何日経ったでしょうか;

この問題のレポートちゃん
 その正体は 実験のレポートですw
 大体、3回実験を行って、そのデータから1つのレポートを作成して、提出します。

まぁ、実験はその日のうちに終わるので、それほど苦ではないんですが・・・
 レポートの作成となると・・・ こんな感じ?
作成中
  相変わらず、画質が荒いですねぇ まぁ、個人情報保護の為としておきましょうw

この写真は、11月の19日 つまりは、今週の水曜日の様子ですねぇ
 実験は、火曜日にあるんですが さすがに、その日から作成する時間も気力もないです!w
 故に、レポートは翌日の水曜から作成を開始しますw
   写真の時は、たぶん実験方法の書き方で悩んでる頃じゃないかな?;w

そして、木曜日
 この日は、結果をウダウダ言いつつ作って、結果に必要なグラフと表をPCで作成して・・・・
  タブン、この日が一番イライラしてました^^;
  何しろ、表を作ろうとすると・・・ まぁ、色々と細かな問題があって悲鳴を上げましたよ;w
   ・・・今思い出しても、少しムカッときますねぇ~;w
   なんで、あんなバグが発生したんだか・・・  ブツブツ

なんやかんやで金曜日
 この日・・・ と言うか、今ですねw
  今日は、朝9時50分ぐらい? に図書室へ行って・・・
  午後2時20分に正書書きや、下書き消し消しを終了しました。

 結果の方は、下書きまで出来ていたので 今日は、考察で 四苦八苦してましたねw
  とりあえず、図書室内の文献を荒らしまくって・・・ って違う違う;w

  このレポートの考察は、文献を使って制作するパターンのものなので、
   自分の文章を立証してくれる文献を探しては書く この行程の繰り返しでした。

 そして、なんやかんやと やってるうちに完成~♪ 頑張った 頑張ったぞ、自分w

さて、その完成した状態のが下ですねw
完成図?
  見づらい>< これじゃぁ、枚数も分かんない;w

まぁ、とりあえず 表紙をふまえて 26枚のレポートとなりました。
 ・・・レポートを何度か書いてる方ならお分かりですね?

 そう! 苦労してる割りには、全然枚数が少ないんです;w

タブン、今の疲労感からすれば、30枚は最低でも行ってて欲しい所ですが・・・
 ん? べっ別に、サボったり ウダウダしてた訳じゃ無いんだからね!;w

さて、上の文章は流しておいて
実は、このレポートの作成には いくつか条件が存在します。
 1つめは、上にも書いたとおり、考察には文献を使用することです。
 そして、2つめは・・・ 文章は手書きであること
 
    当たり前じゃないの?と思った人もいるかもしれませんが・・・

大学のレポートとなれば、内容によっては軽く60枚を越す人もいます。
つまりは、やたらと文章を書き書きする訳ですねぇ
 正直、私では 60枚を手書きで仕上げるのに、1週間まるまる使いますね^^;

一応、大体の場合はPCの許可が出てるので
 たいていのモノは、1日ないし 2日もあれば完成出来たりします。
  もちろん、枚数も30~40枚ぐらい行くことだってあります。

・・・簡単に言えば、手書きは ものすごく非効率的なんです;w
 まず、文章を考えて下書きをします。
 そして、正書書きして 下書きを消しゴムで消し消し・・・

 お分かりかもしれませんが、この方法は ものすごく膨大な時間を消費します;
 正直、1枚仕上げるのに掛かる時間を PCの作業に置き換えると
  まぁ、少なからず枚ぐらいは書けてますね;
  極端な言い方をすれば、PCなら2倍のスピードで仕上げられるのですw

さて、そんなレポートちゃんですが・・・
 作った人だけが知っている 最後の難関がある事をご存じですか?

 その難問とは・・・ !ホッチキスでとめる! ですw

えっ、全然ピンとこない?; ホッチキスが何?

ん~、タブン 下の写真で見るとよく分かると思います
ホッチキス1
 見づらい画像ですねぇ~ あ、指が; ・・・まっ良いかw

よ~く、見てください ホッチキスが・・・   とまらないんですよw
 大体の場合、普通のホッチキスでは 25枚を越えるとキツイです;w
 さらに言えば、枚数が40枚以上になると ホッチキスの隙間に入りませんw

その為、こうした場合は以下のようにします!
ホッチキス2
 ビバ、二重止め~w  あ、指が… てか、これ手じゃん;w

まぁ、予想通りの二重とめですw
 でも、この行為 先生や講義によっては”禁止”されています。
 理由としては、その大半は みっともないから だそうです^^;  (んな無茶な~w)

あ、ちなみにですが・・・
 レポートの止め方には2種類あります。

 1つめは、上の部分を左右の2箇所とめて 短冊帳の形にするパターンです。
  この方法は、主に実験で指定されるモノですねぇ。
  もちろん、指定を受けない限りは こんな方法じゃなくてもOKw

 2つめは、写真の通り 左上をとめるパターンです。
  一般的な止め方でもある上に 見やすいです。
  座学では、この方法が主体ですねぇ。
   あ、でも時々 とめ方を指定されるので注意してくださいね^^

さて・・・ みっともないと言われた場合は、どうするのかと言うと・・・

 答えは 学校や事務が使用する大型のホッチキスを借りたりします。
       まぁ、そんな事は滅多にないですけどね^^;

・・・おぉ! 何時のまにやら、凄い長さw

どうやら、相当レポートがイヤだったようですねぇw
さてはて、とりあえず1つ片付いたので、更新の方は再開ですね。

設定…
 とりあえず、辞めろという声は聞こえないので続けま~す;w
  前回上げた設定は、修繕してはいますが・・・
  あれ以上やると 他の小設定に影響が出そうなので、編集は止めと来ます^^;

 ちなみに、次に上げる設定は、各世界の説明を書いた設定?を載せる予定です。
 タブン、こっちの方が世界観を掴みやすいかもしれませんね。

とりあえず、レポートは終わったし サークルの飲み会へ行ってきま~す♪
 まぁ、飲み会と言っても 「学祭お疲れ会 兼 今後の方針相談会」なんですけどねw

タブン、この模様は記事にはしませんが 何処かで、つぶやき程度に書くかもしれませんねw
では、今週中に設定をあげられるように頑張ります!

あ、最近冷えますよねぇ~
 皆さん、外へ出るときはちゃんと防寒着を着る事
 そして、帰ったら 手洗いうがいを忘れずに^^

図書室へ行ったら、マスクだらけでビックリしましたが…
 皆さんも、これから寒さがこたえる時期になっていきますし、
 風邪なんかひかないように十分注意してくださいね
 (^_^)ノシ                
・戯言 | コメント:0 | トラックバック:0 |

お詫び?

どうも、更新が急激に遅くなっている蛙です;

コメントを見てくださった方なら事情を知ってるとは想いますが…
やはり、ちゃんと記事に書いた方が良いと思い、こうして書いています。

実は、今 レポート書き書きの真っ最中ですw
その上、研究室決めが始まってしまったので、今週中に研究室訪問しなくては orz

早く、小説設定の続きを載せたいですし、日曜日には、ゆっくり記事を書ける状態にしたいです。
後は… やはり、前回上げた設定は、元が古い分 粗が目立つんですよねぇ;
ワープゾーン→ワープゲート  個人的には、ゲートの方が分かりやすいのかなぁとも;w

とりあえず、前回上げた設定は、あまりに気になったところだけ、少し編集してあります。
また、時間の出来たところで読み直して もっと皆さんがイメージしやすい文章にしたいですね^^;

さてと… 今回は、乱雑な文章で申し訳ないです。
もしかしたら、この記事は 後で消すかもしれませんね;w

とにかく、今週は更新出来るか とっても微妙な状況です。
幸いなのか、レポートの提出日は来週の火曜日
故に、それ以降になれば 自動的に、設定載せに専念出来ると想います^^;

設定の方を、楽しみしてくださってる方がどれだけいるかは定かではないですが…
一人でも、いる以上 出来る限り、読みやすく イメージしやすい文章や
細かい情報を提供できる設定を載せられるように頑張ります^^

では、今日は突然冷え込んだせいか ちょっと寒気もするので…
 とっとと寝て 金曜日までにレポートを仕上げられるようにしたいと思います。

皆さんも、ドンドン気温が下がってますので、体調を崩さないように気をつけてくださいね^^
・未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

世界の説明

どうも~ 色々と書いておきながらも、なぜか投稿しているです。
ちょっと気分転換に修正をしていたら、掲載できる状態になっていました;w

さて・・・ カウンターが100を越えてる; そんなに、来る人いたかしら?;
 なんというか、300を越える頃には全ての設定を載せ終えていたいですねw

とりあえず、今回からお送りする設定シリーズの第2便は、オリジナル小説の設定です。
まぁ、ずいぶん前に書いたモノである分、人によっては古くさく感じるかもしれません。
 でも、個人的には なにげに好きな設定達なので、ご容赦を^^;

さて、この小説の設定についての諸注意やお願いは、いつも通り設定関係のカテゴリ
に記載されてます
ので、必ず読んでからコメントするようにしてください。
また、あくまでオリジナルの設定であり なにかを引用して作った訳ではない事を
理解した上で、読んでいただけると幸いです。

続きを読む
・小説設定 | コメント:2 | トラックバック:0 |

お知らせ~w

どうも、さっきまで文章に唸っていたです;w
 先ほどの文章は、管理者としてのお詫び文だったので・・・
 再度、お知らせをこちらに書くことにしました。

とりあえず、お知らせというのは…
 これからしばらく記事の更新が不定期になると言うことです ^^;

今までも、アップする間隔はめちゃくちゃでしたが、
今後は、その間隔がのびていきそうです。
それというのも・・・・
 「レポートが~!」 「てか、サークルの締め切りが~;」
と言うわけで、記事に載せる設定を作ったりする時間がなさそうなんです^^;

一応、”戯言シリーズ”は日常の話なので書けるはずなんですが…
 記事にするような、出来事がないんですよねぇ~w
 近々? 飲み会があるような無いような話があるので、それを書きたいとは思ってます。
 でも・・・ でも、現状ではネタがありません;w

てな訳で(どういう訳だか)、しばらくは”MH裏生態設定”のお題を募集する期間に
しておこうかなと思っています。
新しい設定シリーズの方も、もちろん上げていくつもりですが、
現状では、ちょっと時間が掛かりそうです。

  裏生態設定で何か無いのか?

もちろんありますとも!  考えてはいますとも!!  ・・・と言うより考え中ですw

実は、甲殻種の問題に挑戦中です;w
 生物学を習った方や個人的に興味があって調べた方なら、分かるかもしれませんが・・・
節足動物は、”開放型血管系”なのです。

難しい名前ですが、簡単言えば… 血管が無いんです。
・・・えっ この説明じゃダメ? 分からない?;  親に聞いてください!(オイ

正直、説明しづらい内容なのでアレですが・・・
 極端な言い方をすれば、甲羅の中にある体液(だし汁)=血液と考えてください。
 そして、カニの様な固い甲羅を持っているモノは、甲羅にヒビが入ってしまうと
 体液が流れ出てしまい、死んでしまいます。

もちろん、関節部位の場合には、切除および傷口の修復能力があります。
ですが、MHに登場する”甲殻種”の場合は、思いっきり関節以外の所を
斬られまくってるんですねぇ これが;w

正直、この”甲殻種”の登場で、初代からのMHファンが減ったと言う話もあったり無かったり…
そこで・・・
  なんとか 納得のいく甲殻種の生態設定を作れないか?
そう考えてババコンガの設定と同時進行で考えていたんですが、なかなか上手く行きません。
 一応、1つの例としては、人の”血小板”に似たモノを体液中に含んでおり、
 甲殻にヒビが入った場合は、その物質で傷口を塞いだ上で、驚異的な甲殻生成能力で
 内側に新しい甲殻を生成する事で体を補強する・・・

 ほら、あまりにも非現実的で 無茶な設定でしょ;w

 他にも、開放型血管系ではなく、独自の血管システムを有しているという仮説もあります。
 複数の血管系と 各血管系にある心臓の役割を果たすポンプを持っている事にすれば、
 MHFで登場したアクラヴァシムの体液の変色現象も説明はできます。
 
体液の色が変わる=部位攻撃の影響でポンプの1つが機能しなくなり、
             送り出していた血管系の1つも止まる。
             他の部位にあるポンプや血管系で補おうとする・・・・
             それぞれの血管系に流れている体液は、異なった
             物質であり、混ざった状態で空気に触れると
             体液の色が変化する。

まぁ、どれも設定として書き出すには、あまりにもお粗末な仮説達です。
なにより、不確定要素が多すぎて 説明仕切れない部分が大いにあります。


・・・・と言うわけで、しばらくは大規模な記事の更新が出来そうにありません^^;
 出来るだけ、早く更新出来るように努力していくので
 皆さんも、のんびりと待っててくださ~い (^_^;)ノシ 
・未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

お詫びとお知らせ

当ブログの管理者 AMAGAERUです。

このたび、ブログにて掲載しているMH裏生態設定シリーズの記事におきまして、
設定の一部を載せ忘れるという失態をしてしまいました。
当ブログへ来ていただいた皆様には、多大なご迷惑を掛かけてしまった事、
そして、勘違いをさせてしまった事を、深く反省すると共に この場でお詫び申し上げます。

 本当に申し訳ありませんでした<(_ _)>

なお、問題となった記事の編集につきましては、 現時点では行わない方針でおります。
それというのも、再度、大きな変更点が出てきた場合、そのたびに編集していきますと
様々な混乱や、勘違いを生み出す可能性があるからです。

その為、今後の記事におきましても、内容を大きく変更するような問題があった場合や
記事に対してのご指摘があった場合については、同記事のコメント欄にて
「変更や追加する内容について」または、「ご指摘に対しての回答」
といった形で書いていく事にいたしますのでご理解のほどよろしくお願いいたします。

また、設定関係のカテゴリの記事におきましても、今回の問題から、新たに掲載事項を
追加いたしましたので、合わせてご報告させていただきます。

正直、このブログは設定でなりなってるようなものなので、こうした問題がないように、
文章の構成や設定付けの際には、今まで以上に注意していく構えではおります。

ただ・・・
前回のブログの誤操作といい、また何か問題を起こしてしまうかもしれません。
そうした場合、お手数ではありますが、何かお気づきの点や誤字脱字など、
間違いを見つけられましたら、コメントにて、ご報告いただけると幸いです。

そして、このブログを保持し、その上で発展させていく上でも、皆様には
これからも、変わらぬお付き合いのほどを、お願いしたいと思っております。
本当に、勝手なお願いではありますが、一人でも多くの方に
 「この設定面白い」「なるほどぉー」
などといっていただける設定をかけるように努力いたしますので、
今後とも、このブログをよろしくお願いします。<(_ _)>
・未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

裏生態設定について

この記事は、新しい試みとして開始した「裏生態設定」に対しての事柄が書いてあります。

<このコーナーの方針について>
・この「裏生態設定」では、ただモンスターの生態設定を上げるわけではありません。
 まずは、皆さんから、MHの生態や行動などで疑問に思っている事を募集します。
 そして、頂いた疑問を、MHの設定を崩さない範囲で、理由や要因を考えていき、
 その回答に適した設定を作成して記事に掲載していこうと言うコーナーです。
 
そして 今後、このコーナーをやっていく上で、皆様にお願いがあります。

1,投稿方法
  ・投稿される場合は、必ず「裏生態設定」関係の記事に書き込んで下さい。
   他の記事に書かれてしまいますと、何のコメントなのか判断に困りますので
   くれぐれもコメントを書く記事を間違えないようによろしくお願いします。

2,回答の対象について
  ・頂いた疑問には、出来る限り回答するようにするつもりではいますが、
   あまりにも無茶苦茶な内容や、ゲームのシステムに関わる問いについては
   回答できませんのでご了承下さい。
   また、すでに公式で存在する設定に該当する質問があった場合には、
   「○本の△ページにありますよ」という形で返答させて頂きますので
   予めご了承下さい。
  
3,批判コメントについて
  ・このコーナーでは、あくまで疑問を”設定”という形にしてお答えしてます。
   ですので、「面白くない」「つまならい」などの批判コメントは、このコーナーの
   趣旨とはずれておりますし、今後の参考にもなりませんので、ご遠慮下さい。

   また、掲載する設定に対して「こっちの方が面白い」「この方がかっこいい」
   などの”こっちの方が・・・”という類のコメントについても、ご遠慮下さい。
   

4,不正な引用・著作権の侵害等
   ・設定を、他へ載せたり、設定の一部を引用したい場合は、
    必ず、コメントにて使用許可願いを出すようにしてください。
    重要な事なので、ご協力お願いいたします<(_ _)>

5,公式設定の存在について
   ・回答用の設定を書く際には、公式の設定に載っていないか確認していますが、
    見落としや、知らないまま書いてしまう場合もあるかもしれません。
    そうした場合は、恐れ入りますがコメントにて、ご報告ください。

    なお、ご報告の際には、「○資料本の△ページに記載されている」
    と言う形で掲載されている書物や掲載場所についてもお書き下さい。
    やはり、確認の出来ないご指摘については、こちらとしても
    対応に困りますので、ご理解のほどよろしくお願いします。

6,記事そのものに関して
   ・この記事を掲載するにあたって、掲載時に不必要と判断して載せなかった設定や
    設定へのご指摘に対しての回答などは、コメントの方へ書く事にしております。
    文面などの修正については、すぐに記事の編集を行いますが、あまりにも大きく
    変更される場合や、新たに追加する事になった設定内容などについては、
    混乱を避けるため、他の指摘が無くなるまでは記事そのものを編集しない
    事にしておりますので、予めご理解下さい。

    また、これらの設定は あくまで1つの仮説という事で上げており、
    全ての疑問や問題をカバー出来ているわけではありません。
    特に、作品中には、どうしても理論的な解釈が出来ない部分も存在するため、
    仮説を立てる際には、そうした部分を省いた状態で考える事もあります。
    もちろん、全ての疑問について検証や仮説を立てていく考えでおりますが、
    時には、検証が不可能と判断して除外する場合がある事を予めご了承下さい。

{?管理者からのお願い?}
 ・このコーナーで記載されている設定は、あくまで私個人が推測した結果であり、
  MHに登場する生物が実際にこういう生態をしているわけではありません。
  また、出来る限り現実味のある設定に仕上げる上で、どうしても文章が固くなったり、
  分かりにくいものになる場合がありますので、ご理解のほどよろしくお願いします。
  なお、あまりに難しかったり、読みづらい場合はコメントにご記入下さい。
  内容を確認した上で、分かりやすい文面を考えて書き直します。
・設定関係 | コメント:0 | トラックバック:0 |

自分なりに考えてみたコーナー

どうも、ついに体調を崩して青ざめだしたです^^;
 さっきまで、寝てたんですが…
 さすがに、ずっと寝てるのもアレなので、記事だけ上げに来ました。

さてと、今回から開始する「自分なりに考えてみたコーナー」(仮名)は前回お話しした
MHの非現実的な行動よく分からない生態について、論理的?に考えるコーナーです。
すでに大体の事柄は、前回の記事に書いてはいますが・・・
 やはり、実際に見た方が早い事もあるので、上げることにしました。

なお、このコーナーについてのお願いや諸注意については、新たに”設定関係”のカテゴリに
書き込みますので、今までの諸注意と一緒にご覧になってから、コメントしてください。

また、この設定はあくまで私個人が推測した結果ですので、MHに登場する生物が
実際にこういう生態をしているわけではありません。
そして、公式の設定に記載されてない部分について考えているわけですが、
私が確認できてないだけで、すでに公式の設定で存在する場合もあり得ます。
そうした場合は、コメントにて、「○○の資料本に書いてある」という様な感じで
ご指摘いただけると幸いです。
  ちなみに、上の文章は注意書きを制作する前に書いたモノなので
  注意書きの方にも同じ事が書かれる場合がある事を、ご了承下さい。

第一回 モンハン裏生態設定

ババコンガの生態
ババコンガのイメージは、やはりあの食欲旺盛な性格と、非常識な例の攻撃方法である。
 実際、名前の”ババ””フン”という意味がある為、それが売りのモンスターなのだろう。
 しかしながら、現実的に考えて言った場合、以下の問題にぶち当たることになる。


今回のお題
<1,食性> 
 ババコンガの食性は、雑食性であり、キノコ類を好む傾向がある。
 もちろん戦闘中に、ハンターが設置した生肉を食べる場面もあるが、
 そもそも、あの牙は、同族のドドブランゴのように尖ってはおらず、
 得物を捕らえるよりも木の実やキノコなどを食べるのに適している。
 また、爪の形状も、他の大型モンスターのような”狩り”に特化したモノというよりは、
 木の実を採ったり、採った食べ物をしっかりと掴んだりするのに適していると言える。

 しかし、この食性と形態では、MHの世界では生命を維持するのにあまりにも不都合である。
 そして、なぜ大量にモノを食べる必要があるのかも謎である。


<2,戦法>
 ババコンガで最も印象的なのが、例の攻撃方法ではないだろうか。
 しかし、真面目に消化・吸収・排泄のメカニズムをふまえて考えた場合では、
 あまりにもデメリットが大きすぎると言えよう。
 なぜあのような非効率的な戦法をとるにいたったのか?
 また、口臭ブレスは、なぜ食べたキノコと同じ効果を持つのか?
 なにより、命の綱である”消臭玉”は、攻撃によっては臭いだけとっても
 現実的には、意味がないのでは?
 
と言う事で、今回は、この2つのお題について、ある程度納得のいく答えを出来る限り、
論理的な思考に基づいて答えを求めてみた。
  ※推測結果は 説明しやすいようにいくつかに分けて掲載してます。


推測結果
<1,生命維持方法について>
 生命維持には、多くのエネルギーとその材料となる栄養の存在が不可欠になる。

 まず、必要な栄養の確保の方法についてだが、これは摂取した食物を原料に
 体内にいる細菌の働きで生成していると考える。
 もちろん、このままでは、生命活動の原動力とするには、あからさまに足りない。
 しかし、MHの世界の大型モンスターは、強靱な肉体と高い生命力を持っているわけだが
 その力を維持し続ける為には、それだけのエネルギーを生み出すためのが必要になる。
 簡単に言えば、普通の生物では考えられないほど、体温が高いのである。
 そして、細菌というのは、温度が高いほど活動が活性化する。
 つまり、大量の細菌が高温の体内で活発に栄養物質を生成し続けている事で、
 片寄った食物だけでも、あの巨体を維持し続けられるのである。


<2,口臭・オナラ攻撃について>

 細菌の活動というのは、必ず主産物と共に副産物も生成されてしまう。
 例を挙げると、植物の光合成では、主産物である栄養を作る際には
 必ず、副産物の酸素も生成され気孔から排出される。
 そこで、ババコンガの場合は、この副産物が異臭を放つガスとする。
 普通に考えて、体内に溜まり続けるガスは、必ず体外へ排出する必要がある。
 そして、1,の設定から、副産物であるガスも凄まじいスピードで生成され続け、
 体内に溜まり続けるガスは、頻繁に体外へ排出しなければならなくなる。
 つまり、この排出行動を、オナラ攻撃として利用しているのである。

 なお、同じ様な行動をとるモンスターは、すでに存在する。
 その一番分かりやすい例が、彼の鎧竜こと”グラビモス”である。
 ”グラビモス”は、マグマに浸かっている間に溜まったを、ブレスという形で、
 体外へ放出しており、この排熱行動はそのまま狩りにも利用されている。
 正直、ババコンガのそれと比べるには抵抗があるが、”グラビモス”
 狩りにおける行為から、この説もあり得えなくもない事になる。

 さて、この体内で発生するガスだが、食べた物によっては有毒になる可能性がある。
 ただし、消化器官を通るうちに、その毒素が不活性化し、無毒となる事から
 ハンターが攻撃を受けても臭いは染みつくものの、毒の効果を受ける事はない。

 なお、口臭ブレスについては、確実に体内で発生したガスの毒素が残っており、
 その毒素の主成分については、摂取した食べ物の成分に大きく左右される事になる。
 故に、毒キノコを食べた後では、同じ毒素を含んだガスが生成されているため
 口臭ブレス状態異常が追加されると考えられる。

<3,大量にモノを食べる行動について>

 1,の設定で細菌が必要な栄養を生成していると書いているが、
 この方法には、宿主であるババコンガにある行動を要求させる事になる。
 それは、生成活動の原料となる食べ物を常に、しかも大量に摂取し続ける事である。
 高温下での細菌は、その活動も非常に活発であるため、すぐに食べ物を分解してしまい、
 ババコンガ自体が食べるのを辞めてしまうと栄養の生成は止まってしまう。
 故に、ババコンガは、生命維持のためにひたすら食べ続けなければならず、
 特に、戦闘では消費量が増すため、食い意地を張って設置された生肉を出すと言うより、
 エネルギーの確保のためには、手を出さざる終えないと言う事なのだろう。


<4,フン攻撃について>
 ババコンガは、その栄養確保を体内に生育している細菌に依存しているわけだが、
 1つ1つの細菌が、ずっとエネルギー生産を行っているわけではない。
 元々、細菌というのは、物質の分解を行うと共に、増殖・死滅を繰り返す存在であり、
 高温下での活動ともなれば、その増殖・死滅のスピードも非常に速い事になる。
 単純に言えば、もの凄いスピードで体内に大量の死骸が溜まっていくのである。
 そして、この死骸は、”フン”という形で体外へ排出する必要があるわけだが、
 その量や頻度は、他の大型モンスター以上になるのは確かである。
 もちろん、ここまで特殊な環境下で生育する細菌ともなれば、その分解能力も高く
 大半の食物は跡形もなく分解されて、栄養の生成に使用される事になる。
 その為、フン自体は細菌の死骸の塊といった方が正しいのかもしれない。
 ただし、その非常に高い分解能力は、死骸になっても効力を発揮し続け、
 排泄後も、死骸の自己分解が進み、非常に強烈な異臭を放つ事になる。
 そして、これこそがババコンガの強力な武器になっているのである。
 
 なお、フンから発生するガスには有毒な物質は含まれてはいないが、
 その異臭は強烈であり、一度、臭いが付いてしまうと、なかなか臭いは落ちず
 しばらくは食べ物を口に出来るような状態ではなくなる。


<5,消臭玉>
 消臭玉には、発生させる抗菌作用と共に強力な分解酵素が含まれているため、
 臭いはもちろん、細菌の死骸ぐらいなら、たちまち分解してしまう。
 その為、ババコンガフン攻撃を受けても、消臭玉で綺麗な状態に戻す事が出来る。
 ただし、やはり攻撃を受けた際の精神面でのショックは消しきれない上に、
 分解されて消え去ったとは言っても、付着した事には変わりがない事から、
 ハンター達はあくまでも、御守り代わりとして持って行くようにしている。


・MH裏設定? | コメント:2 | トラックバック:0 |

方針の結論

どうも、です。
今後の方針ですが・・・ 
とりあえず、新しいシリーズを始める前に”MH裏設定”の続き的なモノである、
 モンスターの”生態”に関する設定を先に載せておく事にしました。
その理由としては、新しい設定シリーズを載せる場合にしても、時間を埋めるために、
 この”生態”シリーズを間にはさんでいく必要があるからです。

しかし、その為には、一度”生態”シリーズがなんなのかをご理解いただくために、
その一例となるモノを載せておく必要があります。

よって、新しい設定シリーズを載せ始める前に、MHネタである”生態”シリーズを
 載せる方針にたどり着きました。

なお、この企画は、MH内で納得のいかない行動や原理のよく分からない現象について
 出来るだけ、理論的に「自分なりに考えてみた」という設定コーナーです。

まぁ、簡単に言えば 裏生態設定 です。
 MHというゲーム自体が、細かい設定から形作られている分、それほど悩む事もないですが
 それでも、悩む事が全く無いわけではないですからねぇ;w

ですので、この裏生態設定では 皆様から、モンスターの生態に関する質問を受けつけて、
 考えつく範囲で、その要因や生態を設定という形で上げて行こうという企画です。

少なからず、”アイルー事務所”の様な面白い設定では無いので・・・
これから始まる この企画も、皆さんの反応を見て続けるか考えたいと思います^^;

?余談?
ついに最高気温が20℃を下回ったりするようになりました。
 皆様、風邪などひかないように十分注意してくださいね。

では、おつかれさまでした~ (^_^)ノシ
・未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

今後の方針?

どうも、設定の第一便を載せ終えたです。
正直、この設定シリーズは、皆さんに受け入れられているのか疑問でしょうがないです^^;
一応、MH裏設定については 今後、依頼や新たな材料が揃うまでは、掲載終了ですw

 さて 今後は、書きためてきたオリジナル小説の設定を載せていくつもりでいます。
   ・・・こっちの方が、皆さんに受け入れてもらえるか不安なんですけどね;w

   「なぜ、小説そのものではないのか?」
   小説の文章が書けずに終わっているからです;w
 
結局の所、小説を書こうとして 設定で終わってしまった ダメなです^^;
ただ、凝るだけ凝った設定である分、色々と応用も利くかもしれません。
ですので、今後載せる設定集については、ただ読んで楽しむと言うよりも・・・

 1,設定を読んで、その世界を想像して楽しむ?(=暇つぶし?)
 2,自分の小説に使えそうな小道具の設定を探す。
 3,小道具というより、キャラの設定とかを借りてみる。

 ・・・ぶっちゃけて言えば、ネタ公開という感じです ^^;

設定を書いていた頃は「小説にしよう!」という人が集まればと思っていたんですが・・・
 そんな事を考えていた時から、はや何年経ったかw 
   (少なからず5年は経ってるかなw)

今回、ブログを立ち上げる機会が出来たので こうして設定を上げる事にはしましたが、
  今は、一人でも「面白い設定だ」と言ってくださる方がいれば、それで満足です(^_^)

さて、載せる設定について 先にお話しておきますね。
 今後載せる設定は、小説の舞台となる世界・種族・キャラクターモンスター・自然物etc

単純に設定集といえば、済む話ですね;w
 とりあえず、世界設定から順番に載せていこうと考えています。
 ただ、昔に書いた設定である上に、中には手書き(=データ化されてない)のもあるので…
  実際に、全ての設定を載せ終えるには、それなりに時間が掛かると思います。
 
 また、今後掲載される設定を見ていて
  「前のMH裏設定の続きの方が良い」「もっと別の設定が読みたい」
 などなど 感じられた場合は 遠慮無く、コメントを下さい。

 正直、このブログは自分がただただ設定を載せ続けるよりも
 皆さんに、楽しんでいただけた方が嬉しいですw

では・・・ 第2便の掲載開始は何時になるんでしょうね;w(オイ!
 今から、読みやすいように改行や文章を書き直すので・・・
  掲載されるまでは、暖かい目で見守っていただけると幸いです^^;

では、こんなではありますが、今後ともよろしくお願いいたします<(_ _)>
・未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |

沿革・ご契約方法

皆さん、こんばんは~ 明日から、講義が再開するです^^;
 いやぁ~、最後の休日と言うことで… 部屋のいらないモノ達を売ってきました。(ナゼ?
  えっと・・・ D○ライト?ポケ○ン(ダイヤ)攻略本間違って複数注文した本etc

 えっ? 最後のは何って? いわゆる、ネット初心者の失敗的な・・・
  寝ぼけていて、後で確認したら2冊も注文;  しかも、すでに発送後;w
   手段としては、返品もあったんですが…  売った後で思い出しました orz
    きっと、色々と焦っていたんでしょうね^^;

さて、余談はここまで!
今日は、”アイルー事務所”に関する最後の設定をアップしたいと思います。
 コメントの方は・・・ まぁ、気に入ってもらえたら一言くださ~いw (正直寂しい;w) 
  まず、このMH裏設定シリーズは受け入れられているのだろうか?;
  とっとりあえず、気に入ってくれている人もいるそうなので嬉しいです!(^_^)

 では、諸注意を・・・
  恒例ですが、この設定達は、公式に準じたモノではありません。
  好き嫌いもあると思うので、その辺りはご理解いただきたいと思います。
  また、この設定達に関する用件やコメントに対してのお願いが、
  設定関係のカテゴリに記載されてますので、必ず目を通すように
  お願いいたします。<(_ _)>

続きを読む
・MH裏設定? | コメント:0 | トラックバック:0 |

お仕事終了~♪(戯言7)

どうも、学祭の打ち上げも無事終わり、ほっとしているです^^
私は、とあるサークルで総務の役職についているんですが・・・
 今回の打ち上げで、お役ご免になりました~w  ヤッホ~
 そして、学祭後は、世代交代のため、役職も後輩へと引き継がれます。

まぁ、最後の役目も無事果たし・・・ 2次会のカラオケにも行って 少し、体調も悪化!(オイ
何というか、夜9時~朝7時までのフリータイムなんですけどねぇ
 最近は、3時を越えると 体の方が; 
  もう、寝るぞ!と言わんばかりに、体の機能が低下していきます。
  正直、帰り道は・・・ まぁ、今も体のあちこち 反応や感覚が鈍くて困ってます;w

 そこまでして2次会に参加する意味があるのか?

正直、そこまでの意味があるのかは分かりません;w
 とっとと寝たいという気持ちがあるのも本当ですしねw

とりあえず、今回の2次会では歌いたい歌が入ってるのかをチェックする感じで行きました。
実際、私は3時頃に撤退しましたしね。
 あ、ソレまでに歌ったのは以下の通りです。

   ・宇宙戦艦ヤマト        ・空想ルンバ         ・絶世美人   
   ・運命狂サディスティック    ・エルの肖像         ・果たし合いカナ?  
   ・カンタレラ             ・曇天             ・修羅
   ・ねない ねない ねない     ・最終鬼畜一部声      ・人生美味礼讃
   ・まっくら森の歌         ・青天井のクラウン     
   ・ポピー the クラウン〈オリジナルバージョン〉         
   ・空と君とのあいだには
                                  (左上から歌った順番です) 
・・・オタク感がありすぎる?   ごもっともです; orz
こうして、歌ったモノを並べてみると、ジャンルのまとまりもはっきりせず・・・
なによりも、歌っているモノの内容がおかしな事になってますねぇ;w

自分自身、こうしてみて見ると・・・ 何なんでしょうね^^;
まぁ、こうして歌うモノだけ歌って、体調を崩しているわけですが・・・

 何というか、"JO○SOU○D"という機械で歌ったんですが、入っている曲が濃いです;w
 11月の14日当たりからは、”s○percell”というサークル?の曲も追加されるらしいです。
  ボーカロイドを用いてオリジナル曲を紹介?している方々の集まりと言えば良いのかなぁ?
  たぶん、「メ○ト」「恋は○争」とかを知っている方ならピンと来るはずですw
              (一応、○に変換してはあるけど・・・ 書いて良いのかなぁ;)   
  まぁ、とりあえず次行く時は、これらの曲を歌いたいですねw(オイ


・・・今回は、完全に学祭終了時のお話?でしたね;w
   正直、今書けることと言ったらこんな所です。

さて、”戯言シリーズ”は、こうしてチビチビ増えているわけですが
そろそろ、MH裏設定の残りも上げないといけませんねw

近いうちには、上げるつもりなので… 
 もしも、この設定シリーズを楽しみにしている方がいたら、もう少し待っててくださいw

では、今日はこの辺で終わりですかね? 
 幸い、今日と明日は、振り替え休日やらで休みになっているので
 しっかり、休んで 風邪をこじらせないように気をつけたいと思います。

皆さんも、体調が少しでも変だと感じたら、無理をせずに休養をとってくださいね^^ノシ 
・戯言 | コメント:0 | トラックバック:0 |

お祭り~♪(戯言6)

どうも、ちょっとお酒を飲み過ぎたです(*^_^*)
 実は、今日は”大学祭”なんです♪
 いやぁ~ 今までは、色々とあって屋台とか回れませんでしたが…
 今日は、ゆっくり回れましたねぇ
 何よりも… 初めてのクレープを食べました^^ (ぇ
   ・・・誰だ! 「ありえねぇ~w」とか言った人は!
   本当に、初めてなんですよ! 元々、甘いモノが苦手で… まぁ、甘かったですけどね;w

え? 「学生なの?」「てか、未成年じゃねぇの?」 ・・・・そういえば、打ってませんでしたね;w
私は、こう見えても(どう見えてるんだか;)、学生をやってます。
ちなみに、ちゃんとお酒が合法な年齢ですよw

さてと、そんなわけで(どんなわけだか)、今回は"学祭"の様子を記事にしようと思います^^

学祭は、今日から3日間行われるんですが・・・ 個性溢れるお店や展示が多いですね。
 一番わかりやすい例で言えば、下の写真ですねw
深海鍋!?
 闇鍋ではないですよ! 深海鍋です!

一見、とても危なそうなモノを売ってるお店に見えますが、安心してください!
この鍋の具材には、実際に市場でも売られているモノも存在しています。(タブン)
言わば、深場に棲む食用生物のごった煮(醤油味?)ですね。
ちなみに、店頭で具材の展示も行われていました。
具材
 見づらいですねぇ; まぁ、エソ系っぽいモノからホウボウ系ですかね?w

あ、なぜこんなモノがあるかと言うと… 実習で採れたモノらしいです。
私がいる、大学は いわゆる水産や海洋系に属した所です。
 それ故に、こうした変わったモノがあるんでしょうねぇw

あ、他にナニがあるかといえば・・・・
こんなの?
オッキナワ~
 あらら; 画像が、割れちゃってますねぇ;

えっと・・・ 分かりづらくてスミマセン; これは、沖縄についての展示です。
確か、サークルの展示だと思いましたが・・・ 海繋がりと言うことであるんでしょうね。
沖縄での伝統芸能や、沖縄の歴史が年表にまとめられていました。
個人的に”もや○もん”の影響からか、黒麹の説明プレートばかりを眺めてましたw

何というか… こんな感じですね;w
タブン、他分野の大学では観られないモノなのではないでしょうか?
じっさい、”深海鍋”については・・・ 観るまで、闇鍋を想像してました;w
でも、少し臭みがある程度で、逆に美味しいとも思えるモノでした。
 えっ? 本当に食べたのかって?
実際に食べましたよ~w 上のも私個人の意見ですw

さて・・・ これから、あと二日続くわけですが 正直、過ごし方が分かりません^^;
まぁ、フラフラしつつ買い食いしたり、読めてない小説を読んだりしたいと思いますw

おぉ! 久しぶりに、記事が短い・・・ のか?
とりあえず、今日は 「変わったモノを売る所があった」 というお話でした;w

ちなみに、この学祭ネタは 新たに面白いモノがなければ、やらないと思いますw
まぁ、ずっとレポート漬け状態だったので、講義が無いのはとても嬉しいことです^^
最近は、少し体調が優れない時もあるので、この期にしっかり休んでおきたいと思います。

これから、大学受験の皆さ~ん 参考になりましたか~♪
  「・・・えっ; 逆に不安になった!?」
なんて人はいない・・・  いないよね?;
とりあえず、
 「大学によって色んな個性があるよ~♪」 
 と言うことだけでも伝わっていれば嬉しいです。

では、ついに冬到来と言えるほど 夜の冷え込みが厳しくなってきました。
皆さんは、体調を崩さないように 注意してくださいね~ ^^ノシ
・戯言 | コメント:4 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。